menu

いろいろな脱毛症

3本のボトル

薄毛に悩むことが多くありますが、ヘアサイクルと違って抜け毛が多くあり、M字や円形の脱毛などが目立つようになると病気になっていることがあります。脱毛症としてAGAや円形脱毛症、脂漏性脱毛症などがあり、精神疾患の脱毛症や制癌剤の副作用などが原因の薬物脱毛症など、いろいろな脱毛の種類があります。
最近良く聞くことがあるのがAGAになります。AGAは、男性脱毛症と言われ、男性ホルモンや遺伝、ストレスなどが原因になっており、前東武と頭頂部の髪の毛が薄くなります。また、こめかみの生え際などからも薄毛が進行してきます。そうするとM字はげになり、すぐに発毛治療をおこなうことが大切になります。
AGAでは、抜け毛や薄毛がゆっくりと進行していくことが特徴になります。思春期を過ぎた男性であれば、誰でもなりうる可能性がある脱毛症になります。AGAは、日常生活で気をつけることで進行を遅らせることが可能です。例えば、野菜やお魚、味噌汁、牛乳、お肉などのバランスのとれた食事を取ることが大切になります。また、毛根の血行を悪くするたばこの喫煙などを控えることも大切です。またストレスを溜め込まないようにすることも大切で、自律神経に負担をかけないようにしましょう。ストレスを上手く解消するためには、スポーツをして汗を流すことやカラオケなどで歌を歌うなどでストレスを上手く発散することが重要です。

円形脱毛症では、男女関係なく、頭髪が部分的に抜け落ちて円形になっていることがあります。原因として考えられる事は自己免疫機能との関係性が高いと考えられていますが、これもAGA同様にストレスによって脱毛をする可能性があります。
こういった脱毛症には、しっかりと発毛治療を行なうことや専門のクリニックに行くことで適切な治療を受けることが可能です。発毛治療では、毛根に効果のある成分を頭皮から浸透させる方法や内服薬などで身体の中から育毛や発毛を働きかけることができます。こういった方法で治療をすることで若かりしあの頃の頭髪を取り戻すことができ、明るい生活を送ることができるでしょう。